This Property Is Condemned (1966) : 雨のニューオリンズ

テネシー・ウィリアムズの1幕物からフランシス・フォード・コッポラ、フレッド・コー、エディス・ソマーが共同で脚色、テレビ出身の新鋭、シドニー・ポラックが監督した女の愛欲を描いた物語。出演は「サンセット物語」のナタリー・ウッドのほかロバート・レッドフォード、チャールズ・ブロンソン、ケイト・レイドなど。製作はジョン・ハウスマン。

  • YouTube : This Property Is Condemned (1966) : 雨のニューオリンズ

This Property Is Condemned (1966) : 雨のニューオリンズのあらすじ

孤児のウィリーが、一人で「Wish me a rainbow」を歌いながら線路の上を歩いて遊んでいると、トムという少年が話しかけてくる。ウィリーは、昔家族がいたころの話を始めた。

ニューオリンズからミシシッピー州にあるドッドスンという小さな町にやってきたオーエン(ロバート・レッドフォード)は、スター下宿屋に宿泊することにした。下宿屋は、スター家の母親ヘイゼルの誕生パーティで、多くの鉄道員が集まり盛り上がっていた。ウィリーの姉アルバ(ナタリー・ウッド)は男にもてる魅力的な女性だった。ヘイゼルは、アルバに金持ちである中年男性のジョンソンと結婚させようとしていたが、アルバはその気がなかった。彼女は、オーエンに一目惚れし気を引こうとするが、彼は興味を示さない。翌日、オーエンは鉄道の駅に向かい、鉄道鉄道従業員の人員削減をするための調査員として派遣されたことを通知する。JJ(チャールズ・ブロンソン)からオーエンが調査員であることを聞かされるアルバだったが、オーエンにさらに惹かれていく。

町中の鉄道従業員から睨まれるオーエンだが、アルバと一緒に町を歩いてまわっているうちに彼女にひかれていく。しかし、オーエンから解雇通知を出されたJJら従業員から袋叩きにされてしまう。アルバが彼を手当てしていると、ニューオリンズに誘われるが、ジョンソンと結婚してもらいたいヘイゼルにより妨害される。母に反抗するため勢いでJJと結婚するというが、翌日オーエンにもらった切符で一人ニューオリンズを訪れる。そこでオーエンと会い、愛し合う。オーエンからプロポーズされ、ウィリーも一緒に連れて行くことを承諾したことで、2人は結婚を決意する。だが、ヘイゼルがニューオリンズまで押しかけ、アルバがJJと結婚したことを話すとアルバは取り乱し、走り去ってしまう。

その後、ヘイゼルは別の男と駆け落ちし、アルバは肺病で病死したことを話すと、ウィリーはトムと別れ、再び一人で歌を歌いながら姉の汚れた服を着て線路の上を歩いていく。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Jeremiah Johnson (1972) : 大いなる勇者

  2. Three Days of the Condor (1975) : コンドル

  3. Out of Africa (1985) : 愛と哀しみの果て

  4. The Electric Horseman (1979) : 出逢い

  5. The Way We Were (1973) : 追憶

  6. Havana (1990) : ハバナ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。